設備

光電センサー

光電センサーは光電素子を使って検出素子にするセンサーで、まず測定された変化を光信号の変化に転換した後、また光電子素子で光信号を電気信号に転換するのです。

画像引用元:https://timgsa.baidu.com/timg?image&quality=80&size=b9999_10000&sec=1591996831686&di=d299e8f14c3defb851ae52e524b7edf3&imgtype=0&src =http%3A%2F%2Fstatic.sensorexpert.com.cn%2Fupload%2Ffile%2F20200121%2F1579573371348099.png

光電センサーは光強度の変化を電気信号の変化に変換することによって制御を実現します。一般的には、光電センサーは送信機、受信機、検出回路この3つの部分から構成されています。

送信機はターゲットにねらいを定めてビームを発射します。放射されるビームは一般的に半導体光源、発光ダイオード(LED)、レーザダイオードおよび赤外線ダイオードから発送されます。ビームは絶えず発射して、またはパルスの幅を変更します。

受信機はフォトダイオード、フォト三極管、光電池から構成されています。受信機の前にはレンズや絞りなどの光学素子が取り付けられています。

検出回路は受信機の後ろにあります。検出回路は有効信号をフィルタして、そしてその信号を応用することができます。

ところが、光電スイッチの構造素子には反射板と光ファィバーもあります。その中に、三角反射板は構造が強固な発射装置で、小さな三角錐体反射材料からなって、ビームを反射板から精確に返させることができて、実用的意義があります。

光電センサーは、光強度、光照度、放射温度の測定、ガス成分の分析などの直接に光量の変化を起こす非電気量を検出することに用いられます。また、部品の直径、表面の粗さ、変位、振動、速度、物体の形状などの光量の変化に転換できる他の非電気量を検出することにも使用できます。光電センサーは非接触で、応答が速くて、性能が信頼できるという特徴を持っていますので、工業自動化装置とロボットに広く応用されています。

資料引用元:https://baike.sm.cn/item/604803fd7855c533b742e5b97eb4a037.html?from=smsc&uc_param_str=dnntnwvepffrgibijbpr

筆者:何桃紅

2020年6月7日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com