加工

保温材の発展傾向

保温材とは、装置及び装置内あるいは建造物内の温度を、外温に対して高温あるいは低温に保つために用いる材料で、一般的に熱伝導度が0.12あるいは0.12以下の材料である。保温材の発展が速く、工業と建築で良好な保温技術と材料を採用すれば、半分の労力で効果は倍であることもよくある。例えば、建物の中で1トンの鉱物ウール断熱製品を使うと、一年に1トンの石油が節約できる。

画像引用元: http://shop.99114.com/43870733/pd78166972.html

今、全世界の保温断熱材は高効率、省エネ、薄層、断熱、防水・外部保護を一体化にする方向に向かって発展している。新型保温断熱材料及び構造に適合する保温省エネ技術を発展する同時に、状況に応じて保温断熱材を使用し、標準仕様によって設計と施工を行い、可能限りに保温効率を向上してコストを減少するとより強くて強調する。

国内外で薄層断熱保温塗料の研究を展開しつつある。アメリカでは複数の会社がこのような断熱セラミック材料を生産している。このような材料はアメリカ航空宇宙局NASAにおける宇宙飛行機の熱伝導を制御する作業原理に基づいて開発され、高圧スプレーに適合し、汚染がなく、そして優れた耐熱放射、薄層断熱、防水防腐食などの性能を持っている。この材料は一般的な工業及び民生用の断熱保温に転向した。中国にも複数の企業がこの種類の材料を開発している。例えば、薄層断熱反射塗料、太陽熱反射断熱塗料、水性反射断熱塗料、断熱遮熱塗料、セラミック断熱塗料などである。

資料引用元:

http://www.jiunuojc.net/article/bwcldfzqs.html

https://kotobank.jp/word/%E4%BF%9D%E6%B8%A9%E6%9D%90-1414941

筆者:何慧儀

2020年6月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com