設備

電磁弁

電磁弁は電磁制御を採用する工業設備で、そして流体を制御するための自動化基本部品なのです。アクチュエータに属しますが、油圧、気動に限りません。電磁弁は産業用制御システムで媒質の方向、流れ、速度及び他のパラメータの調整に用いられます。電磁弁は、異なる回路と合わせることで、予期される制御効果を実現できて、制御の精度と融通性も保証できます。電磁弁には多くの種類があります。異なる電磁弁は、制御システムの異なる位置で役割を果たします。最もよく使用されるのは逆止弁、安全弁、方向制御弁、速度調整弁などです。

画像引用元:https://baike.so.com/gallery/list?ghid=first&pic_idx=1&eid=5395913&sid=5633072

電磁弁の動作原理

電磁弁は、電磁コイルと磁気コアで構成されて、1つまたは複数の穴を含む弁胴が含まれています。電磁弁には密閉したキャビティがあって、そして異なる位置に通し穴があって、各穴も異なるオイルパイプに接続されています。また、キャビティの中はピストンで、両側は2つの電磁石です。

どの側の電磁コイルが 電流を通すと、弁胴がその側に引き付けられます。また、弁胴の移動を制御することを通じて、異なるオイル排出穴を開閉します。一方で、オイル入口穴を常に開いていて、作動油が異なるオイル排出パイプに入って、その後オイルの圧力によって油圧シリンダーのピストンが押されて、そしてピストンがピストンロッドを駆動して、さらにピストンロッドが機械装置を駆動します。このように電磁石の電流のオンオフを制御することによって、機械の動作をコントロールできます。

資料引用元:https://baike.so.com/doc/5395913-5633072.html

筆者:孔珊珊

2020年6月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com