加工

シリコーンゴムの物理的な特徴

シリコーンゴムは主鎖がシロキサン結合(-Si-O-Si-O-)で構成された合成ゴムの一種です。以下ではその物理的な特徴を簡単に紹介します。

硬さ

材料の部分が硬いものからの押し入れを抵抗する能力は硬度です。シリコーンゴムは10から80までのショア硬度範囲があって、デザイナーに充分な硬さの選択自由を与えて、最適の状況で特定の機能を実現できます。ポリマー基本材料、フィラーと助剤を一定の比例で混ぜて、適当な範囲以内の硬さを実現できます。また、加熱硬化の時間と温度も硬さを変えられて、他の物理的な特徴を壊さないです。

粘着度

通常で、粘着度と強度は正比例となります。

引張強度

引張強度とはゴム材料のサンプルを引き裂く時の毎範囲単位での必要な力です。熱加硫型固体有機シリコーンゴムの引張強度の範囲は4.0-12.5MPaで、フルオロシリコーンゴムのは8.7-12.1MPaです。

引裂強度

引裂強度は切り口があるサンプルに力を加える時、切り口あるいは切りこみの拡張を阻害する抵抗力です。たとえ切った後極めて高いねじり応力の状況に置いても、熱加硫型固体シリコーンゴムは簡単に切り裂けられないです。熱加硫型固体シリコーンゴムの引裂強度の範囲は9-55 kN/mで、フルオロシリコーンゴムのは5-46.4 kN/mです。

伸び率

伸び率はサンプルを引き裂けようとする時、元の長さに対して増長した長さの比率です。熱加硫型固体シリコーンゴムの伸び率は一般的に90-1120%の間で、フルオロシリコーンゴムは159-699%の間です。異なる加工方法と硬化剤の選択も伸び率を大きく変えることができます。また、シリコーンゴムの伸び率は温度と関係深いです。

操作時間

操作時間はゴムに硫化剤を入れる時から計ります。操作時間が短ければ短くほど、製品により有利です。

硫化時間

操作時間と硫化時間は完全な限界がないですが、ゴムに硫化剤を入れる時から硫化反応が始まります。硫化時間が終わると、製品がもう使えますが、実際はまだ少しの硫化反応が終わっていないので、通常でシリコーンゴムを使用して作る製品、例えばシリコーンゴム金型はしばらく置いた後、また使用するのです。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E7%A1%85%E8%83%B6/1136174/0/3801213fb80e7becb828a5852f2eb9389a506be0?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=cc11728b4710b91272d3c773c9fdfc0392452228

資料引用元:

https://www.weblio.jp/content/%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%A0

https://baike.baidu.com/item/%E7%A1%85%E8%83%B6/1136174?fr=aladdin

筆者:羅景糧

2019年11月22日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com