設備

ロードセル

ロードセルとは、質量信号を測定可能な電気信号に転換して出力する装置である。ロードセルを使う際、まず装置が置かれている実際の作業環境を考慮しなければならない。正確にロードセルを選択することにとっては、そのことは非常に大切である。さらに、ロードセルが正常に作動しているかどうかやその安全と寿命、ひいてははかり全体の信頼性と安全性にも関係している。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%A7%B0%E9%87%8D%E4%BC%A0%E6%84%9F%E5%99%A8/3476891?fr=aladdin

ロードセルは以下の部品から構成されている。

センサー部品

センサー部品は質量を直接に感知し、そして被測定量と確定関係がある他の量を出力する素子である。例えば、抵抗ひずみ式ロードセルの弾性体は、測定された物体の質量をひずみに変換するのである。

変換素子

変換素子はセンサー部品の出力を測定しやすい信号に変換するものである。例えば、抵抗ひずみ式ロードセルの抵抗線ひずみゲージは、弾性体のひずみを抵抗量の変化に変換するのである。また、素子がセンサー部品と変換素子両方の機能を兼ね備えている場合もある。例えば、電圧式ロードセルの圧電材料は、外荷重の影響でひずみが発生しながら電気量を出力するのである。

測定素子

測定素子は変換素子の出力を電気信号に変換し、さらに伝送、処理、表示、記録、または制御することをより便利になるものである。例えば、抵抗ひずみ式ロードセルのブリッジ回路、圧電気式ロードセルの電荷前置増幅器である。

補助電源

補助電源はセンサーの電気信号の出力にエネルギーを供給するのである。一般的にロードセルは外部の電源を接続する必要がある。そのため、製品としては電気供給の要求を明示しなければならない。だが、ロードセルの構成部分としていないです。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%A7%B0%E9%87%8D%E4%BC%A0%E6%84%9F%E5%99%A8/3476891?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2020年5月28日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com