加工

溶接ロボットとスポット溶接

溶接ロボットとは、溶接やカット、スプレーをするロボットのことです。

スポット溶接をする場合、ロボットの性能はそんなに高くなくても大丈夫です。スポット溶接は点と点をコントロールするだけでよくて、そして溶接棒ホルダーの点と点の移動軌跡にも厳しい要求がありません。ですので、これもロボットが最初にスポット溶接にしか応用しない理由なのです。

スポット溶接ロボットは十分な負荷能力があるだけでなくて、点と点の移動の時でそのスピードも速くて、動作が安定で、位置づけが精確である必要があります。そうすると、位置移動の時間が減少できて、作業の効率も高くなります。

スポット溶接ロボットはどんな負荷能力が必要なのかは溶接棒ホルダーの形式によって決められます。変圧器から外れる溶接棒ホルダーは30~45kgの負荷能力のロボットでいいです。しかし、この溶接棒ホルダーは二次ケーブルが長くて、電気エネルギーの損耗も高いため、溶接棒ホルダーをワークの内部に入って溶接するのは不便です。一方で、ケーブルもロボットの作業に従って絶え間なく振れ動いているので、ケーブルは壊れやすくなります。そのため、現在、一体化溶接棒ホルダーを採用することは次第に多くなります。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E7%84%8A%E6%8E%A5%E6%9C%BA%E5%99%A8%E4%BA%BA/6027642/0/0df431adc bef7609ba97d6ed27dda3cc7cd99e20?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=0df431adcbef7609ba97d6ed27dda3cc7cd99e20

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%84%8A%E6%8E%A5%E6%9C%BA%E5%99%A8%E4%BA%BA/6027642?fr=aladdin

筆者:羅景糧

2019年11月15日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com