設備

衝撃試験機

衝撃試験機とは、試料に衝撃試験力を加え、衝撃試験を行う材料試験機である。衝撃された試料がハンマーの衝撃を受けた瞬間により、手動振子衝撃試験機、デジタル表示衝撃試験機、半自動衝撃試験機、非金属衝撃試験機、マイコン制御衝撃試験機、ドロップハンマー衝撃試験機などに分けられる。

その中には、振子衝撃試験機は、金属材料の動負荷下での衝撃抵抗性能を測定することを通じ、材料の動負荷下での品質状況を判断するための全自動測定器である。ドロップハンマー衝撃試験機はフェライト鋼(特に各種のパイプライン式鋼)のドロップハンマー衝撃試験に適している。

一方で、デジタル表示全自動衝撃試験機は高速負荷測定センサーにより信号を発生し、高速増幅器で増幅した後、A/D変換器で急速にデジタル信号に転換し、コンピュータに入力してデータ処理を行うとともに、角変位信号を検出してコンピュータに入力してデータ処理を行うのである。その精度が高い。また、高速角変位監視システム、力検出センサーと増幅器を搭載し、コンピュータの高速サンプリング、データ処理により、N-TとJ-T曲線を表示し、データをメモリに保存し、データレポートをプリントするなどのことができる。そして、衝撃を受けた時の材料の特性曲線を瞬間的に測定し、記録することもできる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E5%86%B2%E5%87%BB%E8%AF%95%E9%AA%8C%E6%9C%BA/3468557#4

衝撃試験法は三つの種類に分けられる。

1、パルスを規定する試験方法。正弦波を採用して試験を行う。

2、衝撃普試験方法。

3、試験機を規定する試験方法。

前の2つは無損失検査に属し、最後の1つは破壊検査に属する。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E5%86%B2%E5%87%BB%E8%AF%95%E9%AA%8C%E6%9C%BA/3468557#4

筆者:孔靖茵

2020年5月18日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com