表面

ナノコーティングについて

ナノコーティングはナノサイズの無毒コーティングの先進的なプロセスを指し、科学技術の含有量が高いコーティング技術を指す。ナノコーティングの製造方法は主に蒸着、各種類のスプレー(常温スプレー、フレーム溶射、プラズマスプレーなどを含む)、メッキ(電気メッキと化学メッキを含む)など様々な方法がある。

蒸着:化学または物理蒸着法を用いて本体表面にナノ薄膜を形成したり、ナノコーティングを得ることができる。

ナノスプレー:ホットスプレー法によるナノ構造コーティングの前処理はいろいろな優位性を持っている。主な優位性は工芸が簡単で、コーティングと本体の選択範囲が大きく、そしてコーティングの厚さの変化範囲も大きく、複合コーティングを形成しやすいなどのことがある。

ナノ塗装:普通の塗料に適当なナノ粒子を添加すると、塗料の浮遊安定性、耐水洗性、付着力、清潔度、消臭、耐老化性などを大幅に改善ができる。その同時に、光催光、電磁波吸収、静電気防止などの特殊性能も得られる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%BA%B3%E7%B1%B3%E6%B6%82%E5%B1%82/8769011? fr=aladdin#4

一方で、金型の使用過程において、早期失効が頻繁に発生する。失効の因数は通常、摩耗、腐食、融合、粘着などである。その問題は生産サイクルを遅らせるだけでなく、生産コストも大幅に増加し、企業の競争力にも影響を与える。そのため、ナノ表面処理技術は重視されている方案である。金属表面のナノコーティングは、各種類の摩耗、かみ合い、腐食、粘着、融合などの原因で失効を引き起こすツール、金型、機械部品、医療機器などに広く応用されている。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%BA%B3%E7%B1%B3%E6%B6%82%E5%B1%82/8769011?fr=aladdin#4

http://www.dgkldt.com/new-47.html

筆者:孔靖茵

2020年5月14日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com