設備

角度センサー

角度センサーは角度を測定するためのものである。RCXに接続すると、軸が1/16回転するごとに角度センサーが一回カウントする。一つの方向に回す場合、カウントが増える一方、回転方向が変わる場合、カウントが減る。カウントは角度センサーの初期位置と関係がある。角度センサーを初期化する場合、そのカウント値は0に設定される。必要があれば、プログラムでリセットすることができる。

角度センサーを利用してホイールを制御すると、間接的に障害物を発見できる。原理はとても簡単である。モーターが動作しているが、ギアが回らないと、機械が既に障害物て塞がれていると考えられる。この技術は非常に簡単で効果的である。唯一の要求とは作動している車輪は床の上で滑ってはいけないことである。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E8%A7%92%E5%BA%A6%E4%BC%A0%E6%84%9F%E5%99%A8/7216984/0/8bc3a7012c f67f3c738da583?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=faedab64034f78f08931df5071310a55b3191c5e

一方では、軍事にの応用においては、角度センサーは砲弾発射の精度と安定性に最大の助けを与える。今では、砲架は逆反動装置、方向照準機構、高低照準機構、照準装置、砲脚と車輪、角度センサーなどで構成されている。その中に、逆反動装置は火砲発射後のリセットを保証することに使われ、方向照準機構と高低照準機構は火砲発射後リセットすることを保証するために使用される。方向照準機構と高低照準機構は砲身を操作して方向と高低を変えるのである。また、照準装置は角度センサー、照準器と照準鏡からなっており、火砲射撃データを計算確定して照準射撃を実施することに使われる。砲脚と車輪は射撃の時に火砲を支えることに使用され、行軍時には砲車として使われる。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E8%A7%92%E5%BA%A6%E4%BC%A0%E6%84%9F%E5%99%A8/7216984?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2020年5月12日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com