設備

厚みセンサー

厚みセンサーは、材料とその表面のメッキ層の厚さを測定するセンサーである。このセンサーは工業生産においては、材料の厚さ検査と厚さ制御システムの誤差の測定によく使用されている。厚さ制御システムでは通常では、厚さの絶対サイズを測定する必要がなく、加工プロセスを制御するように厚さの変化値あるいはある基準サイズとの差を測定すると要求されるしかない。厚さセンサーは接触式と非接触式この2種類に分けられる。

画像引用元:https://tieba.baidu.com/p/5958175346?red_tag=2162815020

接触式

通常は、インダクタ式変位センサー、コンデンサ式変位センサー、ポテンショメータ式変位センサー、ホール式変位センサーなど(変位センサーを参照する)を採用して接触式の厚みの測定を行う。また、移動する材料の厚みを連続的に測定するために、よく変位センサーの可動端にローリングコンタクトを取り付け、摩耗を低減する。そして、2つの同じ変位センサーをそれぞれ測定材料の上下両面に取り付け、2つのセンサーの測定値を平均化することで、測定精度を向上させることもよくある。接触式厚さセンサーは移動速度が低い(5メートル/秒以下)材料を測定でき、精度が0.1~1%に達することができる。

非接触式

非接触式厚みセンサーの特徴は連続的な高速測定に適することである。動作原理により、渦電流式厚さセンサー、磁気厚みセンサー、コンデンサ式厚みセンサー、超音波厚みセンサー、核放射厚さセンサー、X線厚さセンサー、マイクロ波厚さセンサーなどに分けられる。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E5%8E%9A%E5%BA%A6%E4%BC%A0%E6%84%9F%E5%99%A8/8822170?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2020年5月11日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com