設備

熱電対

熱電対は温度測定計でよく使われる温度測定素子であり、直接に温度を測定し、そして温度信号を熱起電力信号に転換し、電気計器を通じて被測定媒体の温度に転換することができる。各種類の熱電対の外形は常に需要によって大きな差異があるが、それらの基本構造は大体同じである。

産業生産では、温度は測定と制御が必要な重要なパラメータの一つである。温度測定において、熱電対の応用は極めて広い。熱電対は構造が簡単で、製造が便利で、測定範囲が広く、精度が高く、慣性が小さく、出力信号が遠距離に便利であるなどの多くの長所がある。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%83%AD%E7%94%B5%E5%81%B6/5028266?fr=aladdin

熱電対の回路における熱起電力の大きさは、熱電対を構成する導体材料と二つの接点の温度だけに関わっており、熱電対の形状や寸法に無関係である。熱電対の二つの電極材料が固定されると、熱起電力は二つの接点の温度tとt 0の関数の差となる。この関係式は実際の温度測定に広く応用されている。冷接点t 0が一定であるため、熱電対から生じる熱起電力は熱接点の温度の変化によって変化するしかない。すなわち一定の熱起電力は一定の温度に対応しているということである。熱起電力を測定する方法を使えば温度測定の目的を達成できる。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%83%AD%E7%94%B5%E5%81%B6/5028266?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2020年5月6日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com