設備

加硫成型試験機

加硫成型試験機は主に原料が成型した後の性質の変化、コントラストを試験する設備です。一般的に、電源を通じた後、電源スイッチを入れて、上型と下型の温度を設定して必要な温度に予熱してから、設定した温度が安定になった次第、原料を鋳型の中に入れて、加硫成型試験機の電熱プレートの間に挟んで、適当な圧力と温度を加えて、原料を成型させるのです。一般的に温度、圧力の冷却時間はプラスチックの溶点によって設定されますが、プラスチックの溶点が高いほど、その温度、圧力の冷却時間も高くなります。

画像引用元:https://ss3.bdstatic.com/70cFv8Sh_Q1YnxGkpoWK1HF6hhy/it/u=472717947,158753862&fm=15&gp=0.jpg

加硫成型試験機は主にゴム及びその製品、プラスチック及びその製品ポリオレフィン、PVC、フィルム、巻材の生産及びポリマー、顔料、安定剤などの業界に用いられます。その主な用途は原料が成型した後の性質の変化、コントラストを試験することです。例えば、色の分散性、光の透過性、物質表面の光沢度、汚点の有無、補助材料を加えた後の強度、可塑性、硬度などを含めます。

また、加硫成型試験機は工場の原材料の性質の検収、同種製品の比較、専門学校や大学の研究開発部門が開発した新製品などの試験に適しています。工場の大量生産前の参考用資料となれます。

資料引用元:https://m.baike.so.com/doc/9752339-10098911.html

筆者:何桃紅

2020年5月3日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com