加工

眼鏡加工のプロセス

眼鏡加工は複雑な過程で、プロセスがかなり多いです。簡単的に言えば、眼鏡加工とはレンズを削り、フレームに入れ込む作業です。では、完成品までの具体的な加工の流れはどうでしょうか。ここでは、眼鏡作りについて紹介します。

画像引用元:https://www.yichao.cn/article-14779.html

まずは準備作業をします。清潔作業をしたりして、設備を調整して、電源を入れて機械を予備の状態に入らせます。それから、加工品を検査して、つまり鏡のフレーム、レンズの品質検査を行います。メーカーから上がってきた丸レンズを、左右間違えないように置きます。

その後、レンズメーターで度数をチェックして、レンズの光学中心に印点を打ちます。出来たら、軸打ち器にレンズを置いて、印点を確認します。レンズにサクションカップを張り付けます。その次、読み取り器でフレーム形状を読み取って、レンズにサクションカップを取り付けます。コンピューター画面で、瞳孔間の広さや視点の高さなどの測定データ、ヤゲンの位置を入力します。それで、エッジャーに丸レンズをセットして、丸レンズは徐々にフレーム形状になります。

ここでは、レンズに仕上げを行って、手擦りをします。仕上げたレンズをフレームに入れ込みます。そして、歪み計でレンズの歪みを確認します。もし歪みが多い場合、もうひと削りします。また、眼鏡の度数の最終確認をして、印点を打って瞳孔間距離もきちんとチェックします。これで眼鏡は出来上がるのです。

資料引用元:

https://www.yichao.cn/article-14779.html

https://www.nagatamegane.com/%E3%83%A1%E3%82%AC%E3%83%8D%E5%B1%8B%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E7%9C%BC%E9%8F%A1%E4%BD%9C%E3%82%8A/

筆者:钟珮瑜

2020年5月2日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com