テスト

木製品設計の内容と過程

木製品設計というのは人々の使用と心理的と視覚的な需要を満たすために、木製品の基本特徴によって作る前に自分の考えと計画を絵図や模型で表現する過程です。

木製品設計の内容

  • 木製品の外観の設計

市場需要の調査と予測を基に、製品を位置づけて、絵図で自分のデザインを描きます。

  • 木製品結構の設計

デザインと材料を考えた上に、合理的な結構と様式を決めます。分析することで、簡潔かつ実用性の高い木製品の結構を決めます。

  • 木製品のアクセスの設計

木製品結構の設計によって、木製品の部品を絵図に描きます。そして部品のシステムフローチャートを作ります。木製品の原料の消耗を計算してバランスを取ります。生産の用具や鋳型や生産設備の使用状況を確認して計画を立てます。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E6%9C%A8%E5%88%B6%E5%93%81/8722553/0/c8ea15ce36d3d539384087d1358 7e950352ab0a7?fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=c8ea15ce36d3d539384087d13587e950352ab0a7

木製品の設計過程

  • 絵図と文字の形式で木製品の構想方案を起草します。
  • 市場のインフォメーションなどによって具象的思惟と論理的思惟の想像と演算を行います。
  • 使用機能、材料の使い方や結構の組み合わせや工芸などの方面にまとめて異なっている構想イメージを分析して、絵図の形式で表します。
  • 総合的な考えを通じて最も適用な設計図を選びます。また、設計図を作る過程では、機能、造型、構造、寸法、比例や加工技術や材料などを繰り返し推敲しなければなりません。。

資料引用元:https://wenku.baidu.com/view/587077037ed5360cba1aa8114431b90d6d858915.html

筆者:羅景糧

2019年10月25日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com