設備

倣い研削盤

倣い研削盤は、加工工作機械の一種であり、本体と補機ステーションこの二つの部分から構成される。本体は全閉鎖構造で、本体の右には多機能の作業台があり、左には砥石台とスライド台座がある。また、上にはCCD検出装置があり、後ろ側には電気箱がある。

砥石車の回転運動は一般的に速度調整を必要とせず、三相誘導電動機で引っ張るとでき、そして一方通行の回転だけが要求される。容量が大きい場合ではY-三角形の降圧起動を採用する。一方で、加工精度を保証し、安定した運転を行い、作業台の往復運動の転換時の慣性が小さくなり、衝撃がないことを確保するために、液圧伝動を利用し、作業台の往復運動と砥石箱の横送りを実現するのである。

画像引用元:https://zhidao.baidu.com/question/297541269.html

現在、画像認識技術を応用しており、工作機械のオンライン検査、オンライン補償、砥石オンライン修理及び開放式多軸デジタル制御の多機能精密研削加工機を一体化にする実用新案型がある。多軸デジタル化制御と画像認識処理を統合し、最も多くの場合で8軸まで制御できる。その中に、7つのサーボ回転モータと1つのサーボボイスコイルモータが含まれ、最大6軸連動が可能であり、そして制御軸に異なる組み合わせにすることができる。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%9B%B2%E7%BA%BF%E7%A3%A8%E5%BA%8A/3943156?fr=aladdin

https://zhidao.baidu.com/question/297541269.htm

https://baike.baidu.com/item/%E7%A3%A8%E5%BA%8A

筆者:孔靖茵

2020年4月20日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com