加工

糸半田の加工プロセス

糸半田は、錫を主な材料として、錫と鉛この2つの金属から一定の割合で融合してできた錫鉛合金です。伝統的な糸半田の製造は、合金融合、鋳造、押出、糸引き、糸巻きなどのプロセスがあります。

画像引用元:https://timgsa.baidu.com/timg?image&quality=80&size=b9999_10000&sec=1587426910900&di=7112b56b301be4c9977fe3c925b5c935&imgtype=0&src= http%3A%2F%2Fimg007.hc360.cn%2Fm8%2FM0D%2FB9%2F24%2FwKhQpVUqlaGEYGFUAAAAANtMvWg993.jpg

合金融合と鋳造

合金融合とは、各種類の金属を一定の割合で溶解製錬して、不純物を取り除いて、必要な合金を作る過程です。このプロセスの操作では、融合完了と同時に「鋳造」を始めます。

鋳造とは、融合された合金を成形型に流し込むことを指します。成形型が一般的に円柱型です。この二つのプロセスが必要な設備は主に溶鉱炉、鋳造金型、成形型、温度センサーなどがあります。

押出

糸半田の生産プロセスにおいて、押出は非常に重要な一環です。押し出し時に欠陥があれば、製品も直接に欠陥が出ます。ですので、総合的に半田フープの生産プロセスから見ると、高品質の製品の生産を確保するために、押し出し工程を制御するのは十分に大切です。

糸引き

一般的な糸半田の生産ラインには、押出機の後に通常で3ー4台の線引き機が配置されています。1台目の線引き機には、糸が金型に入る直径が約9 mm-10 mmです。一回目の糸引きが完了すると5 mmに達することができます。二回目の糸引きの範囲は5 mmから2 mmまでですが、三回目の糸引きの範囲は2 mmから1 mmまでです。これ以上もっと細い糸を引くなら四代目の糸引きが必要です。場合によって、0.6 mmから0.5 mmまでに糸引きをできます。

糸巻き

今、伝統的な手作業糸巻きは、すでに自動的な巻取機に取って代わりました。自動巻取機は、きれいに糸巻きができて、そして巻数をカウントでき、生産速度も非常に速くなりました。

資料引用元:

https://www.sohu.com/a/257149334_100271926

https://wenku.baidu.com/view/d97bc0d728ea81c759f57804.html

https://www.docin.com/p-466486341.html

筆者:何桃紅

2020年4月19日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com