部品

刃物製造の材料と刃物のコーティング

刃物製造の材料は必ず高い高温硬度と耐摩耗性があって、そして必要な曲げ強さ、衝撃靭性と、化学不活性があって、工芸性が良くて、変形しにくいという特徴がある必要です。

一方で、刃物にコーティングを付けるのは機械加工業の発展での大きな変革の一つです。コーティング技術は靭性の高い刃物の基体に一層や二層など高硬度と高耐磨性あるいは耐高温材料の薄い層を塗りつけることで、刃物に全面的な性能が備えられます。例えば、コーティングがついていない高速鋼の硬さは62~68HRC(760~960HV)だけで、コーティングがついた後の硬さは2000~3000HVまで及びます。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E5%88%80%E5%85%B7/495981/0/9f6e1908079fca73e8248848? fr=lemma&ct=single#aid=0&pic=9f6e1908079fca73e8248848

コーティングがついた刃物の長所

コーティング材料が高硬度と高耐磨性が持って、高温に耐えられるため、コーティングがついていない刃物と比べると、コーティングがついた刃物のほうは切削スピードが速いです。切削加工の効率も高めました。言いかえれば、同じ切削スピードで、刃物の寿命を伸ばすことができます。また、コーティング材料と加工される材料の摩擦係数が小さいため、コーティングがついた刃物の切削力はコーティングがついていないものより小さいです。そして、ティングがついた刃物で加工すると、部品の表面品質は比較的に良いです。さらに、コーティングがついた刃物の総合性能がよいため、コーティング硬質合金ブレードがよい通用性が持っています。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E5%88%80%E5%85%B7/495981?fr=aladdin#6_2

筆者:羅景糧

2019年10月4日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com