設備

冷間圧延機

冷間圧延機は新型の鉄筋の冷間圧延加工設備です。冷間圧延機で作った冷間圧延リブ付き鉄筋は、予応力コンクリート部材の中で、低炭素ワイヤーを冷間で抜いたモデルチェンジ製品です。現場打ちコンクリート構造の中では、Ⅰ級鉄筋を置換して鋼材を節約することができます。それも同じ種類の冷間加工鋼材の中で比較的に良いものです。


画像引用元:https://baike.baidu.com/item/冷轧机/9742564?fr=aladdin

冷間圧延機は工作機構及び伝動機構からなります。工作機構は筐体、ロール、ロールベアリング、ロール調整機構、リード装置、圧着台などの部分があります。伝動機構は小歯車ハウジング、減速機、ローラー、連結軸、カップリングなどの部分から構成されています。

作業原理

冷間圧延機は電動機で鉄筋を引っ張って、冷間圧延機の荷重ローラー、作業ローラーを利用して鉄筋の両面に力を加えます。二つの圧延隙間の大きさを変えることで、異なる直径の冷間圧延リブ付き鉄筋を圧造する目的を実現します。

① 荷重ローラー:冷間圧延機の荷重ローラーは、ハウジングから最も近いローラーです。このローラーは、リブ付きの鉄筋を作る時に、鉄筋を支える役割を果たします。鉄筋の重力、作業ローラーの作業する重力は荷重ローラーが均一的に分散させて、鉄筋の下の面にリブを発生させます。

② 作動ローラー:作動ローラーは荷重ローラーの上にあって、ハウジングから最も遠いです。このローラーはリブ付きの鉄筋を生産する時に、主に重いローラーによって持ち上げられた鉄筋を圧延する役割を果たし、鉄筋の上の面にリブ紋を発生させます。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E5%86%B7%E8%BD%A7%E6%9C%BA/9742564?fr=aladdin

筆者:钟珮瑜

2020年3月29日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com