設備

ゴムと射出成型機

射出成型機とはプラスチック素材を熱で溶かし、金型に流し込んで成形する機械のことである。素材を溶かし(溶融)、型に流し込み(射出・成形)、固める(冷却)、取り出すと言った工程を一台で処理することができる工作機械です。射出成型機はコントローラー、射出ユニット、型締めユニットという三つの装置からできている。

一方で、ゴム自身の特性という点から言えば、ゴム射出成形はその独自の優位性により、現在、既にゴム製品の成形の主流方式となる。ゴム射出成形の過程では、時間、圧力と温度は生産効率と品質が決定する。

ゴムの射出成型機には下記のような特徴を持っている。

1、品質を高める。ゴムの射出成型機を使用することで、一定の圧力、温度と時間で加工を行い、品質の安定性を保証することができる。

2、生産効率を向上させる。合理的なパラメータを通じ、射出工芸は型鍛造工芸より30%-50%の硫化時間を短縮できる。

3、コストを減らす。射出成型機を使用することで、作業員の仕事の量を減らし、電力や材料の浪費を避けることができる。

画像引用元:http://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E5%B0%84%E5%87%BA%E6%88%90%E5%9E%8B%E6%9C%BA%20%E5% 9B%BE%E7%89%87&hs=2&pn=0&spn=0&di=15400&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&ie=utf-8&oe= utf-8&cl=2&lm=-1&cs=1966209169%2C491482438&os=2763551815%2C2202173124&simid=4068304095%2C412977 994&adpicid=0&lpn=0&ln=30&fr=ala&fm=&sme=&cg=&bdtype=0&oriquery=%E5%B0%84%E5%87%BA%E6%8 8%90%E5%9E%8B%E6%9C%BA%20%E5%9B%BE%E7%89%87&objurl=http%3A%2F%2Fwww.wittmann-group .tw%2Fupload_files%2Finjection-molding%2Ftoggle-machines%2Ftm-xpress-160-450-01.jpg&fromu rl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fooo_z%26e3Botpp4wgg-2657r_z%26e3BpoAzdH3Fp522sj-4wvit gjz%26 e3Bip4&gsm=1&islist=&querylist=

現在、中国ではゴムの射出成型機はスタートしたばかりで、海外と比べてまだ差が激しい。ゴムの射出成型機で製品を製造することはできるが、関連の研究開発の面では足りない部分がある。

中国のゴムの射出成形機には下記のような不足がある。

1、機械性能が悪い。一部の部品は海外から輸入した安価なものなので、油漏れを発生したり、壊したりしやすく、寿命が短いのだ。

2、機械構造設計が不合理である。金型を開くスペースが足りないため、金型を出してから開くなどがある。

3、先入れ後出しの射出ユニットが立ち後れた。

4、安定性が足りない。加工中、さまざまな問題が出てきて、生産に悪い影響を与えてしまう。

資料引用元:

https://www.kousakukikai.tech/injection-molding-machine/

https://wk.baidu.com/view/fc3f5b21bcd126fff7050bb6?pcf=2

筆者:孔德珩

2020年3月27日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com