設備

火力発電向けユニット

火力発電ユニットは、石炭、油類、可燃性ガスなどを燃料として、ボイラーの水を加熱して、一定の圧力がある蒸気でタービンを押し動かす方式によって発電するユニットです。

画像引用元:https://ss3.bdstatic.com/70cFv8Sh_Q1YnxGkpoWK1HF6hhy/it/u=1364559785,37305418&fm=26&gp=0.jpg

火力発電システムは主に燃焼システム(ボイラーを中心とする)、蒸気システム(主に各種ポンプ、給水ヒーター、凝縮器、配管、水カーテンなどからなる)、電気システム(蒸気タービン発電機、主幹変圧器などを中心とする)、制御システムなどで構成されます。燃焼システムと蒸気システムは高温高圧の蒸気を発生します。電気システムは熱エネルギー、機械エネルギーから電気エネルギーへの転換を実現します。制御システムは各システムが安全で、合理的かつ経済的に動作することを保証します。

火力発電の方式:

  • 汽力発電:油類あるいは石炭を燃焼して、ボイラーの水に物理的状態の変化を起こさせて、一定の温度と圧力を持つ蒸気にならせます。蒸気は主蒸気パイプを通して蒸気タービンに入って、蒸気タービンを回転させて発電機を動かします。
  • 内燃力発電:一般的には内燃機、ガソリン発動機などを利用します。一般的に、水力発電ができない孤島などで発電します。
  • 可燃性ガス発電:原理はだいたい汽力発電と同じですが、ただ原料が違うのです。

火力発電の主体は汽力発電です。臨界点以上の蒸気(圧力225.6 kg/cm、温度374℃)を使って発電します。原料を節約して、コストも削減することができます。水力発電と比べて、火力発電は少ないインフラ投資、短い建設工期、高い設備利用率などのメリットがあります。しかし、大きい燃料消費量、遅い動作起動スピード、大きな鋼材消費量、高い電力コストなどのデメリットもあります。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%81%AB%E5%8A%9B%E5%8F%91%E7%94%B5%E6%9C%BA%E7%BB%84/5158098

https://m.sohu.com/a/206850427_651522

筆者:何桃紅

2020年3月15日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com