加工

3Dプリンターでワックス金型を製造

3Dプリンターとは立体物を表すデータをもとに、一層一層、樹脂などの特殊な材料を少しずつ積み重ねていくことで立体造形物を実現していく装置である。建築や医療、教育などの業界で注目を集めた3Dプリンターは、現在ジュエリー部品製造の業界でも大活躍している。

3Dプリンターで鋳造用のワックス金型を製造することで、ジュエリーメーカーは短い時間で精度の高いジュエリー部品を製造することができる。現在、3Dプリンターはジュエリーの生産に欠かせないワックス金型の製造に応用されただけではなく、金属のバフ掛けにも使用できる。

伝統的な製造プロセスと比べ、3Dプリンターは加工時間が圧倒的に短い。最近、数分間で加工を完了させようとジュエリーメーカーは競い合っている。

3Dプリンターは一層一層に加工を進めていき、層ごとに光源に暴露しなければいけない。また、暴露の時間は厚さや材料によって制限されている。一層の加工が完了したら、プリンターは自動的に分離させ、新たな樹脂を補充する。

3Dプリンターでジュエリー部品を製造するのは以下のようなメリットがある。

  • 品質が手作業よりはるかに超えている。
  • 加工すピートが速く、生産リサイクルを減少させる。伝統的な方法で加工を行うと、数日間かかるのであるが、3Dプリンターでは、指輪の場合、一日だけで設計と鋳造を終わらせる。

画像引用元:https://digi.tech.qq.com/a/20130122/000783.htm

資料引用元:

http://www.recmbus-3dprint.com/sp/knowledge/3dprinter.html

https://m.sohu.com/a/318563245_484361/?pvid=000115_3w_a

筆者:孔德珩

2020年3月13日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com