設備

ムーニー粘度計

ムーネー粘度とは生ゴムや未加硫ゴムの塑性を計るための単位です。試料を100℃に加熱し、この中で毎分2回転する円板にかかるトルクより求めます。予備加熱一分間の後、回転開始後4分経過後の値をとることとなっています。ムーニー粘度を計ることに使う道具はムーニー粘度計です。

70年あまりの歴史を持つムーニー粘度計はゴム業界の研究開発や試験によく使用されます。合成ゴムの発展とともに、ムーニー粘度は合成ゴムの重要な指標となりました。中国では1976年にムーニー粘度を国家標準として定めました。ムーニー粘度計は簡単な設備で、精度も高いと言われていますが、部品が摩損しやすいなどの欠点もあります。

ムーニー粘度計の主な技術指標は高精度のセンサー、コントロールシステム、回転システム、温度コントロールシステム、データ転送方式、表示方式、ローターと測定・制御方式などがあります。下記にもっと具体的に説明します。

  • 高精度のセンサー。0-100のムーニー粘度があります。ムーネー粘度の精度は+-0.5のムーニー粘度以内になります。
  • コントロールシステム。コンピューターでコントロールし、インターフェイスでデータを取得、保存、管理、プリントアウトします。
  • 回転システム。「歯数減速Electronics調速モーター+歯数減速機+減速歯車」を採用します。ローターの回転速度は2±0.02r/minです。
  • 温度コントロールシステム。スマートデジタル温度制御計器で、リアルタイムでPIDの制御数値を調整します。
  • データ転送方式。RS232で転送します。
  • 表示方式。Viscosity-106+WIN-XPのソフトウエアで数値を表示します。優れたソフトウエアとハードウエアのおかげで、簡単かつ精確で計算することができます。
  • ローター。Cr6wvの材質です。
  • 測定・制御方式。マウスでクリックしてすぐに使用でき、またはホストコンピュータのパネルでボタンを押す試験方式があります。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E9%97%A8%E5%B0%BC%E7%B2%98%E5%BA%A6%E8%AE%A1%20%E5% 9B%BE%E7%89%87&hs=2&pn=1&spn=0&di=4180&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&ie=utf-8&oe=utf-8&cl=2&lm=-1&cs=328892432%2C2604354041&os=4279865745%2C2568553315&simid=4072194792%2C6 29655825&adpicid=0&lpn=0&ln=30&fr=ala&fm=&sme=&cg=&bdtype=0&oriquery=%E9%97%A8%E5%B0% BC%E7%B2%98%E5%BA%A6%E8%AE%A1%20%E5%9B%BE%E7%89%87&objurl=http%3A%2F%2Fimg1.wi ndmsn.com%2Fc%2F3%2F367%2F36749%2F3674927.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fooo_z%2 6e3Botg14fg_z%26e3Bv54AzdH3F1jpwts80n9a09_z%26e3Bip4s&gsm=2&islist=&querylist=

資料引用元:https://kotobank.jp/word/%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BC%E7%B2%98%E5%BA%A6-791379

https://wk.baidu.com/view/b6bb2248daef5ef7bb0d3c26?pcf=2

https://baike.baidu.com/item/%E9%97%A8%E5%B0%BC%E7%B2%98%E5%BA%A6%E8%AE%A1/3618536?fr=aladdin

筆者:孔德珩

2020年2月28日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com