加工

光学レンズ製造業の発展

携帯電話の写真撮影から防犯カメラに至るまで、空間観測から宇宙飛行プロジェクトに至るまで、光学レンズを使わなければならないです。百年の発展を経て、光学レンズ業界はすでに成熟して、さらに軍事と宇宙飛行の領域は「高くて、精密で、鋭い」という光学技術の応用が最も広範で、深い領域です。

画像引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1647545641349810851&wfr=spider&for=pc

産業チェーンの角度から見ると、光学レンズの研究開発と製造は中流に位置していて、その下流は光学レンズの応用領域ぇ、主に安全防犯監視装置、携帯カメラモジュール、車載カメラモジュール、機械視覚システム、VR/AR設備などを含んでいます。

全世界の光学レンズ産業は主にドイツ、日本、韓国と台湾に集中しています。その中に、ドイツではレンズの研究と製造は長い歴史と伝統を持っているので、レカやカール・ツァイスのような光学部品の大手企業を育成して、そのレンズもずっと高級製品と見なされています。日本の光学部品工業は第二次世界大戦から急速に発展してきて、その高いコストパフォーマンスの優位性で、日本の光学レンズが世界の光学レンズ市場で優勢を占めています。その主要企業はTAMRON、Canon、Nikonなどがあります。また、国際光学部品企業が大量に中国に工場を設立して、中国の少数光学加工企業とアウトソーシングを構築することに従って、中国の光学産業の発展を促進しました。そして、中国と国際先進レベルの格差も次第に縮小して、国際市場の競争力を持つ企業が現れました。

資料引用元:

https://www.sohu.com/a/255396795_100129163

https://baijiahao.baidu.com/s?id=1647545641349810851&wfr=spider&for=pc

筆者:钟珮瑜

2020年2月19日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com