加工

中国の複合材料の現状

複合材料は20世紀に誕生した新たな材料です。第二次世界大戦の時、まずは軍事製品に使用されました。その後、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本などの国がクラッド材の研究開発に取り組んでいたため、複合材料は大きく発展しました。20世紀60年代に入ると、複合材料は優れる性能で、多くの領域で応用されており、80年代にはすでに35000種以上の複合材料が出てきました。21世紀に入って、世界の複合材料の市場は高速に増加しています。

1958年、中国では複合材料の業界が誕生しました。改革開放後、複合材料の業界は目覚ましい発展を遂げて、民営企業は次から次へと設立されました。統計データによると、2011-2016年中国の複合材料の生産量は年々増加しており、2016年に生産量が462万トンまで増加しました。しかし、2017年から複合材料の生産量は444万トンに減少しており、前の年と比べて3.9%減少しました。未来の五年間(2019-2023)の年平均成長率は4.18%で、2023年中国の複合材料の生産量は550万トンを超えて556万トンくらいに達する見込みです。

複合材料の業界には下記のような問題があります。

1、回収・二次利用の問題が深刻です。複合材料をリサイクルして再度利用というのは一部の複合材料において可能になりましたが、処理できない複合材料がかなり多く、環境に悪影響を与えてしまいます。

2、産業がグレートアップを直面します。中国は複合材料の業界は40年間をかけて発展して、成果を出せましたが、先進国と比べてまだ差があります。産業規模や設計、理念、製造技術などの面ではまだ先進国に及びません。

3、企業の発展レベルが低いです。研究開発に重視しない挙句、互いに真似したりして、偽物の製品が出てきて、企業の水準はなかなか高められません。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail?ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E5%A4%8D%E5%90%88%E6%9D%90%E6%96%99%20%E5%9B%BE%E7%89% 87&hs=2&pn=3&spn=0&di=169950&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&ie=utf-8&oe=utf-8&cl=2&lm=-1&cs=2711354940%2C2781671354&os=2794122713%2C1295135945&simid=4276087308%2C854129127 &adpicid=0&lpn=0&ln=30&fr=ala&fm=&sme=&cg=&bdtype=0&oriquery=%E5%A4%8D%E5%90%88%E6%9D%90%E6 %96%99%20%E5%9B%BE%E7%89%87&objurl=http%3A%2F%2Fi2.sinaimg.cn%2Fjc%2F2012%2F0925%2FU6634P124 7DT20120925173706.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fooo_z%26e3Bvj_z%26e3BvgAzdH3Fwj65AzdH3Fda8 dalAzdH3FdmAzdH3Fpda8daldm_d8dcmaln_z%26e3Bfip4s&gsm=2&islist=&querylist=

資料引用元:https://m.sohu.com/a/326434481_466862/?pvid=000115_3w_a

筆者:孔德珩

2020年2月14日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com