設備

ホーニング盤

ホーニング盤とは、ホーニングヘッドを利用し、ワークにホーニングを行い、表面を仕上げ加工する研削盤のことである。主に自動車、トラクター、油圧部品、ベアリング、航空などの製造業でのワークの穴をホーニングする。ホーニング盤は立型と横型この2種類がある。

立型ホーニング盤は主軸の作業行程が比較的に短く、ホーニングシリンダーと筐体の穴などに適している。油砥石をはめ込んだホーニングヘッドは垂直的に配置された主軸から回転を駆動し、その同時に油圧装置の駆動で垂直往復送り運動を行うのである。一方で、横型ホーニング盤は作業プロセスが長いので、深い穴のホーニングに適し、そして深さが3000mmに達することができる。水平配置のホーニングヘッドは回転しなく、軸方向の往復運動だけをしている。そして、ワークは主軸によって回転を駆動し、機器の中部にはワークを支えるワーク受台とホーニング棒を支えるライダーがある。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%8F%A9%E7%A3%A8%E6%9C%BA/6542691?fr=aladdin

ホーニング盤の作業については、加工の過程では、ホーニングヘッドの油砥石は伸縮機構の作用の下で半径送りを行い、ワークを次第に必要なサイズまで加工するのである。新型のホーニング盤は主に油圧伸縮のホーニングヘッドを利用している。さらに、ホーニング盤は大部分が半自動なので、よく自動測定装置を付け、そして自動生産ラインに組み込むことができる。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%8F%A9%E7%A3%A8%E6%9C%BA/6542691?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2020年2月12日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com