設備

工業顕微鏡使用の注意事項

工業顕微鏡は1つまたは複数のレンズを組み合わせて、微小の物体を人間の肉眼で見られるように拡大した光学器具です。

画像引用元:https://img001.hc360.cn/hb/o4y7a131a2C3EBF161ED97189C9D3EFF2DC.jpg

工業顕微鏡を使う時、使用方法を注意すれば、ある程度で顕微鏡の使用寿命を延長することが可能です。では、どんな注意事項がありますか。

第一、工業顕微鏡が置かれている所は耐震でなければならなくて、そして湿気がひどい所に置いてはいけません。また、腐食環境を形成しないようにして、工業顕微鏡は腐食性が揮発する化学用品に近すぎることができません。

第二、操作前に手をきれいに洗って、試験品に対してもアルコールで消毒をしなければなりません。また、工業顕微鏡を使用している時、操作者は顕微鏡の構造原理を十分に理解して、慎重に操作しなければなりません。

第三、顕微鏡を操作する時に、接眼鏡でも対物レンズでも、取り扱い注意しなければなりません。そして、接眼鏡と対物レンズができるだけテストサンプルを接触しないようにしてください。また、テストサンプルをレンズに接触させたり、レンズを勝手に切り替えたりしてはいけません。

第四、工業顕微鏡の輝度を勝手に調整しないでください。そうしたら、電球の寿命を短縮するだけでなくて、もっと重要なのは使用者の視力にも影響を与えます。また、プロ以外の人は顕微鏡の照明システムを勝手に調整してはいけません。そうでないと、その後の撮影効果にも影響するかもしれないです。

第五、使用済、顕微鏡の輝度を小さくして、対物レンズを低状態に調製して、顕微鏡が冷却された後、また元の位置に戻します。

資料引用元:

http://www.cnxwj.cn/show-23-147.html

http://m.chem17.com/st180687/Article_1741820.html

筆者:何桃紅

2020年2月10日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com