設備

門型マシニングセンター

門型マシニングセンターとは、主軸軸線と加工テーブルが垂直的に設置されたマシニングセンターのことである。全体の構造は門型フレームであり、梁と二つの支柱からなり、真ん中には横梁がある。門型マシニングセンターは特に大型ワークや複雑な形状のワークの加工に適している。

分類

固定ビーム型(横梁が固定で、テーブルが移動/回転できる)、可動ビーム型(横梁が上下移動でき、テーブルが前後移動できる)、可動柱型(テーブルが固定で、門型フレームが移動できる)、天井型(テーブルが固定で、横梁が移動できる)、前述の複合型の多種類門型マシニングセンターもある。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E9%BE%99%E9%97%A8%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E4%B8%AD%E5%BF%83/9799093?fr=aladdin

構造の特徴

1.加工テーブル

門型マシニングセンターの加工テーブルは基本的に長方形である。加工テーブル、機器本体、支柱、横梁などの大型鋳物は鋳鉄や溶接部品を採用する。鋳物の内部空洞は、ハニカム式複合配列構造である。設計が先進的で、すべては時効処理と二次焼戻しを通じ、残留内部応力を除去し、材料を安定になさせ、ワークの加工精度の安定性と工作機械の寿命を確保することができる。

2.門型

一つの横梁と二つの支柱から構成されている。それぞれは横梁固定、位置決めブロックによる横梁の段階的な昇降、横梁の任意昇降に分けられる。

3.ラム

構造的には、ラムはオープン式とクローズ式この2つのタイプに分けられる。オープン式構造のラムは、プラテンを通して主軸箱にしかっり挟み込まれ、ラムの断面積が大きい。クローズ式構造のラムは、主軸箱内にしかっり挟み込まれ、ラムの断面積が小さい。

4.工具マガジン

工具マガジンはタレットタイプ、ドラムタイプとチェーンタイプこの3つの基本的なタイプがある。

5.アクセサリーヘッドマガジン

大型で複雑な部品の加工は、通常で多くのアクセサリーヘッドが必要である。アクセサリーヘッドは、ワークピースの加工要求に従って特別に設計されるもので、一般的に直角ヘッド、延長ヘッド、特殊角度ヘッド及び万能ヘッド等に分けられる。

6.NCシステム

NCシステムのサプライアーが多くある。異なる需要によると、システムのブランドと型番は異なる選択肢がある。

7.精度

工作機械の精度は外部負荷のない条件で工作機械の本来の精度を指す。精度は、通常で、その反対面、つまり理想的な状態との間の偏差(誤差と略する)によって表される。誤差が小さいほど精度はより高い。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E9%BE%99%E9%97%A8%E5%8A%A0%E5%B7%A5%E4%B8%AD%E5%BF%83/9799093?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2020年2月10日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com