加工

ポリプロピレン(PP)材料の応用

ポリプロピレン(PP)材料は、プロピレン重合により調製された熱可塑性樹脂で、無毒、無臭、無味の乳白色高結晶のポリマーです。80℃以下では酸、アルカリ、塩液及び多種の有機溶剤の腐食に耐えられて、高温と酸化作用で分解できます。ポリプロピレン材料は非常に軽いことから、主にパッケージデザインの素材としてなじみ深いです。しかし、その使用範囲は実に非常に幅広くて、最も多く使用されているプラスチック素材の一つと言ってもいいです。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/252516851_100243414

ポリプロピレンの最大の長所は、その優れた機械的特性です。その耐化学性、耐熱性、電気絶縁性、引張強度、衝撃強度、圧縮強度といった機械的強度に優れて、耐摩耗性にも優れています。ポリプロピレンが出現してから、日常のまわりの多くの製品に使用されて、急速に機械、自動車、電子機器、建築、紡績、包装、農業、林業、漁業、食品工業など多くの分野で開発応用されてきました。

近年、中国の包装、電子、自動車などの工業の急速な発展に伴って、中国の工業の発展を大いに促進しました。また、可塑性があるため、ポリプロピレン材料は木製製品に取って代わりつつあり、高強靭性と高耐摩耗性も金属の機械機能を置き換えてきました。それ以外、ポリプロピレンは良好なグラフトと複合機能を持って、コンクリート、紡績、包装、農林水産業において大きな応用空間を有しています。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/252516851_100243414

https://baike.baidu.com/item/%E8%81%9A%E4%B8%99%E7%83%AF/893850?fr=aladdin

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/i-maker.jp/blog/polypropylene-6742.html/amp%3Fusqp%3Dmq331AQNKAGYAYO774jQgaCZLA%253D%253D

筆者:钟珮瑜

2020年2月7日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com