加工

ポリカーボネイト(PC)

ポリカーボネート(英語でPCと略する)は分子鎖に炭酸エステルを含む高分子ポリマーである。エステル基の構造によって脂肪族、芳香族、脂肪-芳香族など様々なタイプに分けられる。その中に、脂肪族と脂肪-芳香族ポリカーボネートは機械的性能が低いため、工程プラスチックへの応用が制限されている。

化学的性質

ポリカーボネート(PC)は、炭酸の一種である。炭酸そのものは安定していないが、その誘導体(ホスゲン、尿素、炭酸塩、炭酸塩など)は一定の安定性を有する。PCはほぼ無色のガラス状態の非晶質高分子であり、光学的に優れている。また、その高分子量樹脂は非常に高い靭性があり、片持ち梁の欠けたところの衝撃強度は600~900 J/mであり、プレート番号を充填していない熱変形温度は約130°Cになる。ガラス繊維が強化された後、この数値を10°C増加させることができる。

PCの曲げ率は2400 MPa以上であり、樹脂は大きな剛性製品を加工できる。100°C以下の場合では、負荷下でのクリープ率が低い。また、PCは耐水性が悪い、高圧蒸気を繰り返し受ける製品には使えない。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E8%81%9A%E7%A2%B3%E9%85%B8%E9%85%AF/7127305?fr=aladdin

物理的性質

ポリカーボネートは無色透明、耐熱、耐衝撃、難燃BI級であり、普通の使用温度において良好な機械性能を有している。同性エネルギーはポリメタクリル酸メチルに近いが、ポリカーボネートは耐衝撃性が高く、屈折率が高く、加工性が良く、添加剤が不要なためUL 94 V-2級の難燃性がある。しかし、ポリメタクリル酸メチルはポリカーボネートに対して価格が低く、バルク重合法により大きなデバイスを生産することができる。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E8%81%9A%E7%A2%B3%E9%85%B8%E9%85%AF/7127305?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2020年2月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com