加工

形鋼の分類

形鋼は断面形状と寸法のある条型鋼材であり、鋼材の四大品種の一つである。

断面形状により、形鋼は簡単な断面鋼と複雑な断面鋼に分けられる。前者は角形鋼、丸形鋼、平形鋼、アングル形鋼、六角形鋼などを指す。後者は 山形鋼、T形鋼、H形鋼、屈曲形鋼などを指す。

また、鋼の製錬品質によると、形鋼は普通形鋼と高品質形鋼に分けられる。普通形鋼について、現在の金属製品カタログにより、一般断面鋼は大断面鋼、中断面鋼、小断面鋼に分けられる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E5%9E%8B%E9%92%A2/10246718?fr=aladdin

大断面鋼:大断面鋼の中の山形鋼、T形鋼、H形鋼、平形鋼が熱圧延される。丸形鋼、角形鋼、アングル形鋼、六角形鋼は熱圧延のほか、鍛造、冷拉でも鍛造される。

山形鋼、H形鋼、角形鋼は工業建築と金属構造に広く応用されている。例えば、工場、橋、船舶、農業機械・車両製造、送電塔、輸送機械などである。また、平形鋼は建築現場で橋や戸棚、柵、船舶や車などに使われている。さらに、角形鋼、丸形鋼は各種の機械部品、農機部品、工具などに使われる。

中断面鋼:中断面鋼の中の山形鋼、H形鋼、角形鋼、丸形鋼、平形鋼の用途は大断面鋼に似ている。

小断面鋼:小断面鋼の中の角形鋼、丸形鋼、平形鋼は加工と用途が大型鋼に似ているが、小径の丸形鋼はよく建築鉄筋として使われる。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E5%9E%8B%E9%92%A2/10246718?fr=aladdin

https://baike.baidu.com/item/H%E5%9E%8B%E9%92%A2/10619341

筆者:孔靖茵

2020年2月3日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com