設備

溶接ロボット

溶接ロボットは溶接に従事する産業用ロボットである。国際標準化機構(ISO)によれば,産業用ロボットは標準溶接ロボットの定義に属している。産業用ロボットは、多用途でプログラムを繰り返し可能な自動制御操作機であり、3つ以上のプログラム可能な軸を備えており、産業用自動化の分野で使用される。

溶接ロボットは主にロボットと溶接設備の二つの部分を含む。ロボットは本体と制御盤(ハードウェアとソフトウェア)から構成されている。溶接装置は、アーク溶接及び点溶接を例にとると、溶接電源、アーク溶接、溶接クランプなどの部分からなる。一方で、スマートロボットにとって、レーザーや撮像センサー、およびその制御装置などのセンサーシステムが必要である。

画像引用元:http://51sole1898852.51sole.com/companyproductdetail_153255374.htm

電子技術、コンピュータ技術、デジタル制御及びロボット技術の発展に伴い、自動化溶接ロボットは60年代から生産に使われて以来、その技術はますます成熟してきた。以下はその優位性になる。

1.溶接品質を安定させ、向上させ、溶接品質を数値の形で反映させることができる。

2.労働生産性を向上する。

3.労働者の労働強度を改善し、有害な環境で仕事ができる。

4.労働者の操作技術に対する要求を低減する。

5.製品のモデルチェンジの準備期間を短縮し、相応の設備投資を減らす。

資料引用元:

http://51sole1898852.51sole.com/companyproductdetail_153255374.htm

https://baike.baidu.com/item/%E7%84%8A%E6%8E%A5%E6%9C%BA%E5%99%A8%E4%BA%BA/6027642?fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2020年1月31日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com