加工

クラッド鋼とステンレスの区別

クラッド鋼もステンレスも一般的な加工材料であるが、両者はどんな違いがあるのか?以下はクラッド鋼とステンレスの区別のご説明になる。

画像引用元:https://zhidao.baidu.com/question/334715814.html

工芸の面

一般的に、ステンレスは普通鋼にクロム、ニッケル、少量のモリブデン、チタン、窒素等を添加することにより製造される。

クラッド鋼とは、2つの鋼材以上の異なる鋼材が押し出し、爆発溶接またはレール製法によって複合され、異なるレベルで異なる機能を持つ複合材料をいう。炭素鋼と炭素鋼の複合であっても良いし、非金属材料との複合であっても良い。

コスト・価格の面

ステンレスは耐食性、高温の抗酸化性能、熱膨張係数が小さいなどの特徴があり、価格と価格が比較的高いのである。

クラッド鋼は2つまたは3つの合金を組み合わせた複合材料である。それはいつも表面が304となり、中には他の材料を挟む。だからこそ、加工性能とさび防止があまりよくない、コストも価格もより安いのである。

利用場合の面

ステンレスは病院や他の衛生条件が重要な分野に適している。例えば、食品加工、飲食、醸造、化学工業である。それは毎日の洗浄に便利ようにだけでなく、細菌が繁殖しにくいからである。

一方、クラッド鋼はファン、防火弁、消音器などの生産に用いられる。また、ファン、暖通などの分野でも広く使われている。

資料引用元:https://zhidao.baidu.com/question/334715814.html

筆者:孔靖茵

2020年1月31日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com