加工

コバール

コバールとは、-70~500℃の温度範囲で比較的一定の低または中程度の膨張係数を有する合金である。ガラスやセラミックなどの封止材料の膨張係数に近いので、整合封止効果を得ることができる。主なタイプは鉄ニッケル、鉄ニッケルコバルト、鉄ニッケルクロム系合金である。また、無酸素銅、タングステン、モリブデン及びその合金と複合材料もある。

画像引用元:https://zhidao.baidu.com/question/1577885491039713700.html

コバールの特徴

1.電子管製造の各プロセス温度範囲とパイプの使用温度範囲において、コバールの熱膨張特性はガラスまたはセラミックと一致していなければならない。

2.使用温度範囲において、コバールの組織は変化されない。

3.表面は堅固で緻密な酸化膜を容易に形成するべきだ。

4.融点はガラスの封接温度より高くなければならない。

5.接続、溶接、めっき、機械加工などの技術性能は良好である。

6.不純物(揮発物)、夾雑物、気体含有量はできるだけ少ないようになる。

7.塑性が良く、寒さや熱変形に耐えられ、様々な形の部品に作りやすい。

上述の特徴により、コバールは主に硬いガラスと一致して接合された鉄ニッケルコバルト合金の帯材、棒材、板材、管材を作るのに用いられる。また、発光管、発振管、引火管、トランジスタ、および管のプラグ、リレーの外装などの電気真空装置に適している。

資料引用元:

https://zhidao.baidu.com/question/1577885491039713700.html

https://baike.baidu.com/item/%E5%B0%81%E6%8E%A5%E5%90%88%E9%87%91/11049316?fromtitle=%E5%8F%AF%E4%BC%90%E5%90%88%E9%87%91&fromid=2064302&fr=aladdin

筆者:孔靖茵

2020年1月31日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com