設備

アーク溶接機

アーク溶接機は、正極と負極を瞬時に短絡したときに発生した高温アークを利用し、電極と被溶接材料上のはんだを溶融させ、接触させる対象物を結合するのだ。詳しくていえば、インダクタンスの原理を利用し、インダクタンスはオンとオフのときに巨大な電圧変化を生じ、瞬時に正極と負極が短絡されたときに生成される高電圧アークを使用して電極上のはんだを溶融し、原子結合の目的を達成することができるということである。

アーク溶接機の構造は非常に簡単であり、つまり、高出力変圧器のことである。出力電源により、交流電源と直流電源この2種類に分けられる。また、操作方法により、手作業アーク溶接機、半自動と全自動アーク溶接機に分けられる。電極種類により、電極融解と電極融解なしこの2種類に分けられる。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E7%94%B5%E7%84%8A%E6%9C%BA/5654637

アーク溶接機は電気エネルギーを使い、電気エネルギーを瞬間的に熱エネルギーに変換でき、乾燥の環境での作業にも適しており、多くの要求が必要なし、そして体積が小さくて、操作も簡単で、使用も便利で、スピードも速いなどのメリットため、各領域で広く応用されている。

一方で、アーク溶接機は使用中、機器の周りに特定の磁場を生じ、そしてアーク燃焼時に周囲に放射を発生し、弧光の中にも赤外線、紫外線などの光種があり、金属蒸気や煙塵などの有害物質もあるので、操作時に必ず十分な防護措置をしなければならない。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E7%94%B5%E7%84%8A%E6%9C%BA/5654637

https://baike.baidu.com/item/%E7%94%B5%E5%BC%A7%E7%84%8A%E6%9C%BA/5438927

筆者:孔靖茵

2020年1月21日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com