加工

方形管の性能にの分析要素

方形管は辺長が同じである鋼管である。以下では方形管の性能にの分析要素を紹介する。

塑性

塑性は金属材料が荷重により塑性変形(永久変形)し、壊れない能力である。

硬度

硬度は金属材料の硬軟程度を測る指標である。生産においては、最もよく使われる硬度測定法は圧入法である。一定の幾何形状を一定の荷重で試験された金属材料の表面に押し込んで、圧入された程度に応じてその硬度値を測定しているのである。

画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E6%96%B9%E7%9F%A9%E7%AE%A1/3847767/1/3c6d55fbb2fb431 697dd74e422a4462308f7d36a?fr=lemma&ct=single#aid=1&pic=3c6d55fbb2fb431697dd74e422a4462308f7d36a

疲労

強度、塑性及び硬度は静荷重下の金属の機械的性質の指標である。しかし、実際には、多くの機械部品は荷重の下で繰り返して働いており、部品には金属疲労が起こりうる。

衝撃靭性

高速で機械部品に作用する負荷を衝撃荷重と呼ばれる。金属が衝撃荷重がかかる上で、破壊に抵抗する能力を衝撃靭性という。

強度

強度は金属材料が静荷重において破壊(過剰塑性変形あるいは破断)に抵抗する性能。荷重の働き方は引っ張り、圧縮、曲げ、剪断などの形式がある。故に強度も引っ張る強さ、耐圧強度、曲げに対する強さ、剪断に対する抵抗力などに分けられる。

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%96%B9%E5%BD%A2%E7%AE%A1

筆者:孔靖茵

2020年1月21日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com