設備

レーザー切断機の応用

レーザー技術の発展に伴って、レーザー切断機はその柔軟性と機敏性で次第に伝統的な切断加工手段を取って代わりました。現在、中国の主な金属加工業界では、レーザー切断技術が徐々に普及しています。では、レーザー切断機は一体何ができるでしょうか。そして、どの業界に応用できるでしょうか。

まず、レーザー切断機は機械加工に対する主な利点について簡単に説明しましょう。レーザー切断加工は、加工対象が多くて、変形が小さくて、精度が高くて、省エネ、自動化となるなどの著しい利点があります。また、効率が高くて、工具の摩耗がないという利点もあります。正直というと、レーザー切断加工は伝統的な機械加工と比べて、利点が非常に顕著です。そして、これも近年でレーザー切断機の応用が広くて、市場が盛んに発展する肝心なところなのです。


画像引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1645280406215293929&wfr=spider&for=pc

ここでは、レーザー切断機の主な応用分野をいくつご紹介致します。

1) 調理器業

調理器具製造業の伝統的な加工方式は仕事の効率が低くて、金型の消耗が大きくて、使用コストが高いという難題に直面しています。レーザー切断機は切断速度が速くて、精密度も高くて、加工効率も向上できて、さらにカスタマイズと個性化の製品の開発が実現できて、調理器具メーカーの悩みを解決できます。

2) 自動車製造業

自動車には多くの精密部品があります。例えば、車のブレーキなどです。自動車の安全性を高めるために、切断精度を確保しなければならないのです。レーザー切断加工を採用すると、可及的速やかに大量処理できて、精度も高くて、効率も高くて、さらにバリもなくて、一回で成形できます。これらの利点もレーザー切断機が広くて自動車業界に応用されている原因である。

3)板金加工業

板金加工工芸の迅速な発展に従って、伝統的な板金切断設備は既に現在の工芸、切断形態の要求を満たすことができません。レーザー切断は柔軟性レベルが高くて、切断速度も速いなどの利点によって、次第に伝統設備に取って代わります。その中に、ファイバーレーザー切断機は板金加工にの広範な応用が必然になります。

4)農業機械業

農業の絶えない発展につれて、農業機械製品のタイプは多様化と専門化に傾くとともに、農業機械製品の製造に対して新しい要求を出します。レーザー切断機の先進的なレーザー加工技術、製図システムとデジタル制御技術は、農業機械設備の製造コストを低減するだけでなく、経済効果も向上しました。

資料引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1645280406215293929&wfr=spider&for=pc

筆者:钟珮瑜

2020年1月20日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com