設備

NCタレットパンチプレス

NCタレットパンチプレス(Numerical Control Turret Punch Press)はNCプレスの主な種類の一つであり、NCTと略される。NCTは機械、電気、油圧、気動を一体化になり、タレットパンチプレス金型によって板に穴あけ加工、深絞り成形を行う圧力加工設備である。

NCTはコンピュータ制御システム、機械または油圧動力システム、サーボ材料送り機構、金型庫、金型選択システム、周辺プログラミングシステムなどで構成されている。プログラムソフトによって作成された加工プログラムを通じ、サーボ材料送り機構で板を加工が必要な位置まで送り、その同時に金型選択システムで、金型庫の中に対応の金型を選択し、さらに油圧動力システムは、プログラムに従ってプレス加工を行い、自動的にワークピースの加工を完成するのである。

画像引用元:https://baike.baidu.com/item/%E6%95%B0%E6%8E%A7%E8%BD%AC%E5%A1%94%E5%86%B2%E5%BA%8A/2435876?fr=aladdin

NCタレットパンチプレス(NCT)は構造によって二種類に分けられる。

1.オープン式NCT構造・形状が「C型」になり、一つの側がオープン式である。

利点:製造コストが安く、ワークを上下すること、大型の板金加工が便利である。

欠陥:生産単位のトン数が低く、35トン以内しかできない。35トン以上を超えると、精度が降下する。

2.クローズNCT。機構・形状が「O型」になり、オープン面がない。

利点:35トン及び35トン以上の高トン数を作成することができ、しかも安定性が良い。高精度の板金加工に適している。

欠陥:製造コストはオープンNCTより高く、材料の送り・加工位置からの取り出しは必ず左右両側から行わなければならない。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%95%B0%E6%8E%A7%E8%BD%AC%E5%A1%94%E5%86%B2%E5%BA%8A/2435876?fr=aladdin

http://www.doohe.com/phone/view.php?aid=671

筆者:孔靖茵

2020年1月14日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com