量産

水素エネルギー自動車

化石燃料の消費量が日増しに増加するにつれ、その埋蔵量が日々減少し、やがてこれらの資源が枯渇することになるため、新エネルギー車は未来のトレンドとなる。では、水素エネルギー自動車は今どの段階であろうか。

まず、水素エネルギー自動車には基本的に二種類に分けられている。一つのはHICEVであり、内燃機関で水素と空気中の酸素を燃焼することで動力を発生させ、自動車を推進するのである。もう一つのはFCEVであり、水素あるいは水素を含む物質および空気中の酸素を用い、燃料電池を通じて電力を発生させ、また電力でモーターを押し動かし、モーターで車両を動かすのである。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/294260562_478487

現在、国内外で市販されている水素エネルギー自動車はすべて後者である。水素エネルギーが注目されているのは、根本的にエネルギー危機を緩和できるだけでなく、ガソリン車のように環境に汚染を与えないためである。さらに、従来のガソリン車のように二酸化炭素が発生するのではなく、水が発生する。

現在、世界で量産されている水素エネルギー電池車は、ほぼ以下の図の通りに7種類になる。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/294260562_478487

そして今、長城も水素エネルギー電池車の戦いに加わる予定である。長城自身は中国自動車ブランドでの唯一の国際水素エネルギー委任会に加入できるメンバーである。長城はまず、世界トップの水素ステーション事業者であるドイツのH2 MOBILITY Deutschlandの株式5%を買収し、液化空気グループ、ダイムラー、リンド、OMV、シェル、ダウダルに次ぐ7番目の株主となり、海外融合、国内試験点試行の方式で水素エネルギー自動車の試作を開始した。長城は水素製造、水素貯蔵、水素添加ステーション、燃料電池の全産業チェーンをめぐり、水素エネルギーの建設に焦点を合わせ、現在、既に10億元を投資して技術開発とチームづくりに用いられた。

もちろん、水素エネルギー自動車の普及にはまだ時間がかかる。

資料引用元:http://www.sohu.com/a/294260562_478487

筆者:钟珮瑜

2020年1月10日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com