設備

射出成形機の構造と機能

射出成形機は射出成形工程によって電気機械の一体化が強い機種であり、主に射出部品、型合わせ部品、機体、油圧システム、加熱システム、制御システム、加料装置などで構成されている。しかし、どのような構造組成の形式に属していても、独自にプラスチック製品の成形作業を完成させるには原材料の可塑化、溶融材料の注射、金型の開閉、製品の冷却冷却硬化、製品の取り出しなどの機能を持つ必要がある。

画像引用元:https://m.sohu.com/a/222703296_99915829/?pvid=000115_3w_a

射出成形機の工作原理

射出成形機はプラスチックの熱物理的性質を利用して、材料をホッパーから材料筒に入れた後、材料筒の外部では加熱輪で加熱し、材料を溶融させる一方で、材料筒の内部では外動力モータの作用により回転を駆動するスクリューが設置され、材料がスクリューの作用の下で、スクリューの溝に沿って前に輸送されて圧縮され、さらに外加熱とスクリュー剪断この二重作用の下で徐々に可塑化になり、溶融されて均質化する。

また、スクリューが回転する時、材料はスクリューの溝の摩擦力およびせん断力の作用の下で、溶融した材料をスクリューヘッドに押し出す。その同時に、スクリューは材料の逆作用の下で後退し、スクリューヘッドに貯蔵空間を形成させ、塑化過程を完成するのだ。その後、スクリューはオイルシリンダのピストン推力を注射する作用の下で、ノズルを通して高速・高圧で貯蔵室内の溶融材料を金型のキャビティに注射する。型キャビティの中の溶融材料は保圧、冷却、固化によって定型化された後、金型は型合わせ機構の作用の下で、金型を開ける。そして、突き出し装置を通じて定型化された製品を金型から取り出す。

資料引用元:

https://m.sohu.com/a/222703296_99915829/?pvid=000115_3w_a

https://wenku.baidu.com/view/3536c019964bcf84b9d57b79?pcf=2

筆者:孔靖茵

2020年1月8日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com