表面

溶射とコーティングの選択

溶射は、ホットスプレーまたは溶着とも言われています。溶射とは、金属やセラミックス、サーメットなどをさまざまな熱源を用い溶融噴射し、基材表面に材料を噴きつけて機能皮膜を形成する表面改質技術です。

画像引用元:http://www.sohu.com/a/315651136_120109317

部品の使用要求を満たすためのコーティングは、部品の使用条件と各種コーティング材料の成分、性能、プロセス特徴、コーティング性能及び適用される使用環境などを総合的に考慮して、適切な溶射材料を確定し、慎重に溶射の方法を選択しなければならないのです。

コーティング性能を出発点とする選択原則

1) スプレーの性能要求と使用環境に特別な要求がなかったら、塗装材料の融点が2500℃を下回って、設備が簡単で、コストが低い酸素-アセチレンフレーム溶射を選択できます。例えば、通常の工作物寸法の修復と通常の表面防護などです。

2) スプレーの性能に対する要求があって、貴重品や肝心な部品はプラズマ溶射を選択したほうがいいです。酸素-アセチレンフレーム溶射に対して、プラズマ溶射は温度が高くて、溶解が十分で、コーティングの結合強度が高いのです。

3) 塗装に高い結合強度、低い空隙率が要求される場合、金属或いは金属セラミック塗装にHVOFを選択したほうがいいです。

資料引用元:

http://www.shinco-metalicon.co.jp/what/

http://www.sohu.com/a/315651136_120109317

https://baike.baidu.com/item/%E7%94%B5%E6%B5%86%E7%86%94%E5%B0%84%E6%B3%95/22735401?fr=aladdin

筆者:钟珮瑜

2020年1月4日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com