加工

小ロット加工と大ロット加工

小ロット加工とは、工業生産において多くの製品はその工芸の需要、市場の需要量が少なく、または価格が高いなどの理由で大規模ロット生産が実現できないため、機械加工、手作業などの方法で完成品あるいはアクセサリーの製造を実現する生産方式である。

また、小ロット加工は、一般的に旋盤加工、フライス削り、平削り盤加工、研磨、仕上げ作業などの通常の機械加工プロセスにおいては、仕上げ工のカット、穴あけ、タッピングなどのことを指す。一方で、大ロット加工の過程には、金型が必要になる。例えば、プラスチック金型、ダイカスト金型、冷間プレス金型などを工芸設備治具にする。または、フライス冶具、研磨冶具、旋盤冶具、仕上げ用のドリル冶具などの専用の冶具である。総合的に言えば、小ロット加工と大ロット加工は加工の効率がぜんぜん違っている。

画像引用元:https://m.sohu.com/a/168571979_689756

次に、大ロット加工の場合では快速組立、待ち時間を減らすなどのプロセスの手配も考慮し、スピードを速める工芸設備治具をより多く作るべきである。一方で、小ロット加工はこれらの考えがない。

さらに、小ロット加工は一般的に作業員にの要求が高い。工芸は通常で煩雑で、しかも変更できなく、加工精度も比較的に高いのである。ちなみに、加工残量に関しては、加工時間、加工精度などと関係があり、ロットの大きさとはあまり関係ないのである。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%89%B9%E9%87%8F%E5%8A%A0%E5%B7%A5/15703063?fr=aladdin

https://zhidao.baidu.com/question/209852583.html

https://zhidao.baidu.com/question/433947288.html

筆者:孔靖茵

2020年1月3日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com