表面

ショットブラストの現状

ショットブラストとは細かい砂や銅製の小球(ショット)などを金属の表面に吹き付けたり打ち当てたりして、表面を仕上げる加工法です。ショットは加工時に使うメディアムで、形状、サイズ、硬度、材料などによって分類されています。ショットブラスト技術の発展につれて、鋳造業界の表面処理だけではなくて、機械製造、自動車、船舶などの業界にも使用されています。

中国では、改革開放につれて、ショットブラストの技術は素早く発展しています。ショットブラスト設備の研究開発に取り組んでいて、輸入してきた設備の代わりに国産の設備が大量に使われました。ショットブラスト企業の多くは山東の青島や江蘇に集中していますが、研究開発に弱いのが特徴です。これが主な原因で、中国のショットブラスト技術のレベルはなかなか向上できません。

中国のショットブラスト設備はなぜ国外先端の設備と比べて劣っているかというと、五つの原因があると考えられます。

  • 機械工業全体の製造水準が低いです。例えば、ショットブラストに使用する材料の製造水準は海外のものと比べてはるかに低くて、設備の安定性に悪い影響をもたらします。
  • 研究開発に力を入れていません。低価格で競争に勝っていますが、研究開発所や研究員がなくて、海外の先進的技術との差がさらに大きくなってしまいました。
  • 大学にショットブラストの専門がなくて、ショットブラストに専攻する人材が少ないです。
  • ショットブラスト技術の応用範囲が広くなることにつれて、ショットブラスト技術の研究開発のわかりに、設備の設計・製造に取り組む人が多くなったことで、セットとしたショットブラスト設備の安定性がよくありません。
  • 政府は励ます政策を打ち出さない一方、業界ごとにショットブラスト技術に対する標準も違うため、ショットブラスト技術がなかなかうまく発展していきません。

画像引用元:http://image.baidu.com/search/detail? ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E6%8A%9B%E4%B8%B8%E5%A4%84%E7%90%86%20%E5%9B%BE %E7%89%87&hs=0&pn=2&spn=0&di=4730&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&ie=utf- 8&oe=utf-8&cl=2&lm=-1&cs=4266647670%2C2595389405&os=3339383087%2C2950165302&simid=4247560922%2C 673515433&adpicid=0&lpn=0&ln=30&fr=ala&fm=&sme=&cg=&bdtype=0&oriquery=%E6%8A%9B%E4%B8 %B8%E5%A4%84%E7%90%86%20%E5%9B%BE%E7%89%87&objurl=http%3A%2F%2Fimg004.file.rongbiz. cn%2Fuploadfile%2F201406%2F30%2F18%2F05-12- 83981.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fooo_z%26e3B65g2ktz_z%26e3Bv54AzdH3Fr6517vpAzdH 3Ffi5o-c8laa98_z%26e3Bip4s&gsm=&islist=&querylist=

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/338548233_120029359

https://www.weblio.jp/content/%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88

筆者:孔德珩

2020年1月3日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com