表面

車のコーティングの作用

コーティングは機械工作法の一種である「表面処理」の別称で、物体の表面を定着可能な物質・物体で覆うことの総称です。塗料は気体、液体、固体のものがあるが、通常は必要に応じてスプレー必要の基質によって塗料の種類と状態を決めます。


画像引用元:https://baike.baidu.com/pic/%E6%B1%BD%E8%BD%A6%E6%B6%82%E8%A3%85%E5%B7%A5%E8%89%BA/7641824/1 /a8ec8a13632762d0f8059fa1afec08fa513dc6f0?fr=lemma&ct=single#aid=1&pic=a8ec8a13632762d0f8059fa1afec08fa513dc6f0

車のコーティングは、下塗り、中塗り、上塗り3層、あるいは下塗りと上塗りから構成されています。車のコーティングには以下の作用があります。

一、保護作用

自動車にコーティングをしないと、車の寿命に大きな影響があります。コーティングをすることで、車に薄い膜ができ、車自体をキズから守ってくれます。 車は乗っているうちに、飛び石やドアノブ周りの小キズなどが自然と傷ついてしまいます。車をコーティングすることで愛車をキズから守ることができます。また、コーティングは車の塗装の身代わりとなり本体の塗装を守ります。車は紫外線の影響で色の結合が破壊され、本来の色が出なくなります。特に濃い色の車(赤、青、黒など)の場合、紫外線に当たり続けると色とツヤがなくなり、色あせてきます。紫外線に強いカーコーティングは車を綺麗な状態に保つことができます。

今、新しい材料が発売されるにつれ、保護コーティングの機能はますます多くなります。例えば、高い耐傷性、弾力性、耐汚染性などの作用があります。

二、美観作用

単色カラーから、現在のペンキの「ソリッド-メタリック-パール」の変化まで、異なる視点があり、考え方も変化しました。それによって、車の美観性が向上されます。

三、価値作用

車の生まれにつれ、人は車の色に絶えず絶え間なく価値観を発生すると要求されています。異なるペンキの種類も塗装工芸技術の面には明らかな改善があります。

四、識別作用

自動車の特殊な色は異なる用途を意味しています。

資料引用元:

http://www.qcwxjs.com/meirong/12577.html

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

https://www.pro-iic.com/column/car_coating_ne.php

筆者:钟珮瑜

2019年12月25日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com