量産

プレス加工の三要素

プレス加工は、自動車や家電など身近にある製品の部品製造でよく行われる加工方法で、ほかの加工方法と比べると大量生産に向いています。

プレス加工とは、被加工材を金型に当てて、加工機を使って荷重による圧力を加えることで材料を金型の形に変形させる加工方法のことです。そして、プレス加工は塑性加工とも呼ばれます。プレス加工は削り出す手法ではないため、材料から出るくずの量が少なくて、加工材を効率的に使用できる特徴があります。また、金型によって製造する形状を決められるので、同じ圧力で他の材料を加工する際にもすぐに対応できます。

では、プレス加工の三要素は何でしょうか。

画像引用元:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1601083700249825509&wfr=spider&for=pc

プレス加工の三要素はプレス用材料、金型と設備なのです。

プレス用材料

プレス用材料の表面と内面性能はプレス製品の品質に大きな影響を与えます。プレス材料に以下の要求があります。まず、厚さは精確で均一です。表面がきれいで、擦り傷や表面のひびなどがなくて、廃品の生成を防ぎます。そして、不均一の変形を防止するために、高い均一伸び率があります。また、曲げ部品の精度を向上するために、降伏強度と引張強度の比が低いです。さらに、今後の変形を防止するために、その加工硬化性が低いです。

金型

金型の精度と構造は直接にプレス部品の成形と精度に影響します。金型の製造コストと寿命はプレス製品のコストと品質に影響する重要要素です。

設備

一方で、設備は加工精度によって、普通プレスと精密プレスに分けられます。使用範囲によって、普通プレスと専用プレスに分けられます。伝動構造によって、機械プレス、液圧プレス、高速機械プレス、NCプレスなどに分けられます。

資料引用元:

http://www.sohu.com/a/279241688_180520

http://baijiahao.baidu.com/s?id=1601083700249825509&wfr=spider&for=pc

https://04510.jp/times/articles/-/20406?page=1

筆者:钟珮瑜

2019年12月23日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com