テスト

コンピュータ修理の基本的方法

現在、コンピュータは家庭ごとに必要な電子製品の一つになった。しかし、コンピュータを使っているうちに、いろいろな問題がよく出る。以下ではコンピュータの故障に関する基本的な修理方法である。

画像引用元:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1638493585696787045&wfr=spider&for=pc

一、観察法

観察は、修理の過程最も基本的なプロセスであり、全体の修理の過程を貫く。観察するのは、慎重で全面的に行う必要がある。観察内容は以下の点を含む。

1、コンピュータの周りの環境。

2、本体内部のハードウェア。プラグ、ソケット、スロットなどを接続すること。

3、ソフトウェア環境。

4、ユーザー操作の習慣、プロセスなど。

二、添加/排除法

添加法は、最小のシステムに基づき、毎回一つの部品・設備・ソフトウェアだけをコンピュータに追加し、故障現象が消えたり変わったりしないかを確認し、故障の部位を判断するのことである。逆に、排除法は、最小のシステムに基づき、最小のシステムに基づき、毎回一つの部品・設備・ソフトウェアだけをコンピュータから除去し、障現象が消えたり変わったりしないかを確認し、故障の部位を判断するのことである。

三、置換法

置換法は通常、故障の恐れがあるハードウェアの代わりに良いハードウェアを使用し、ハードウェアが故障を引き起こすかどうかを判断する修理方法を指す。置換されるハードウェアは違うブランドでも良い。

四、隔離法

相互衝突を疑うハードウェア、ソフトウェアを分離し、故障現象が消えたり変わったりしないかを判断するための方法である。ハードウェアにとっては、デバイスマネージャにおいて、ドライバを無効にしたり、アンインストールしたり、あるいはこのハードウェアの接続を切断したりすることである。ソフトウェアにとっては、その動作を停止するか、あるいは単にアンインストールすることになる。

資料引用元:

http://baijiahao.baidu.com/s?id=1638493585696787045&wfr=spider&for=pc

https://wenku.baidu.com/view/972f3edbf111f18582d05a87.html

筆者:孔靖茵

2019年12月23日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com