テスト

ねじのナットと機械視覚的検査

今は工業4.0時代に入って、市場の部品生産はますます精密化になって、人材コストはだんだん高くなって、人工効率と安定性も高くなくて、誤検査、検査漏れ率が高いです。現在の市場では、機械で視覚的検査に基づいた方法があります。その検査原理はCCD工業カメラによる撮影、ソフトウェアによる画像分析で、この方法は高効率、高速、非接触の検査です。

画像引用元:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1645818433746349301&wfr=spider&for=pc

ねじのナットを例としては、その品質に対する要求が極めて厳しくて、しかも使用量は一般的に大きくて、通常で大量生産です。その時、外観検査は人工では完全に対応できないので、視覚的検査設備を採用して品質検査を行うしかないです。視覚的検査には、「画像の採取→画像の前処理→輪郭マッチング→位置補正→螺旋状溝の検査→データ判断→数値表示」という実現プロセスのです。

視覚検出において、処理のプロセスは一般に、画像入力、画像位置決め、検出ツール、出力結果を含みます。今回の例では、画像の位置付けツールは、輪郭マッチングと位置補正、検出ツールは螺旋状溝の検出で、結果として螺旋状溝の周数が表示されます。マシンビジョンに基づくねじのナットの外観検出装置は効率が高くて、検出速度が速くて、自動的にワークを仕事位置に送って位置づけるとともにしっかり挟んだり、材料を切断したりして、人工的な操作が必要がないという利点があります。

資料引用元:

http://baijiahao.baidu.com/s?id=1645818433746349301&wfr=spider&for=pc

https://baike.baidu.com/item/%E8%9E%BA%E4%B8%9D/2218975?fr=aladdin

筆者:钟珮瑜

2019年12月12日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com