量産

薄肉成形技術は射出成形業界のスター

近年の携帯電話やウェアラブル端末などの軽量・薄型化には、プラスチック部品の軽量・薄型化が大きく貢献しています。市場の電子製品が軽量化・薄型化するにつれて、多くの加工メーカーは軽薄な製品の開発に力を入れます。研究開発は高速高圧の成形法を採用して、薄肉成形に新たな解決法をもたらしました。この技術は伝統的な射出成形技術の上で、他の先進技術を融合した超薄壁プラスチック製品の製作技術です。今、この技術は超薄方向に発展していきます。

画像引用元:http://www.huankejm.com/articles/cbcxjs.html

設計・金型・成形、それぞれの「技術の融合」が重要です。薄肉成形を行うためには、高剛性でガス抜けの良い金型設計技術、薄肉用金型を製作する精密技術と射出成形機の速度・圧力・温度を確実にコントロールする熟練の技、すべてが融合したバランスが必要です。

肉厚が次第に減らすので、加工工芸にの要求もますます高くなって、より高い射出成形圧力、射出スピード及びより短い冷却時間が要求されています。それゆえ、高速と高圧の性能を持つ射出成形機が必要となります。油圧薄肉射出成形技術には、機器が高射出速度、高射出圧力の成形方式を採用すると、0.3mmと更に薄い製品しか生産できません。そして、その成形サイクルは普通の機種より1/3短くなって、20%のエネルギーが節約できます。

現在の製品開発においては、性能や機能だけでなく、製品のフォルムや小型化、薄型化などのデザイン面での特徴が、製品の販売力を左右します。薄肉成形の工芸技術における突破は、必ず射出成形加工業界の発展に役に立ちます。

資料引用元:

http://www.huankejm.com/articles/cbcxjs.html

http://lifemold.co.jp/thin/

筆者:钟珮瑜

2019年12月9日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com