テスト

3Dプリント材料 プラスチックのメリット

3Dプリント材料の種類が多くあるが、ネットの情報によると、最も多く使われている材料は依然としてプラスチックである。本稿では、プラスチックで部品を3Dプリントするメリットを紹介する。

1、サイズが大きい部品を製造できる。

サイズが大きい部品向けの3Dプリントは精確なカスタマイズされた部品を得られるが、大量生産すれば、費用が非常に高い可能である。しかし、プラスチックはよく見られ、そして最も値段が安材料なので、手軽に若干の部品を3Dプリンタして組み合わせることができる。

2、コストが低い。

低コストはプラスチックの最も大きな優位性の一つである。ABS材料またはPLA材料を使っても、手頃な価格がある部品を3Dプリントできる。もしモデルの精度や材料の強度を重視すれば、ナイロン材料を使い、高精度の3Dプリントをすることもできる。

3、伝統的なインジェクション成形よりもっと効率的である。

金型はいらないし、ただ3Dモデリングのファイルを3 Dプリンタにアップロードすればいい。また、製品の反復については、3 Dプリントソフトでモデリングを処理してプリンタすればいいのだ。

4、多くの分野にも適用できる。

医療業界や自動車部品、建築モデル、ないし航空部品にも応用できる。また、プラスチックの組立部品や包装、製品はもちろん、どんな種類の複雑なデザインでも自由にプリントできる。

5、プロトタイプを製造する可能である。

一部のプロトタイプを快速製造する理想的な方法であり、比較的に低い価格で気軽に製品を反復できる。

6、小ロット生産が可能である。

製品をデザインしたり、カスタマイズをしたりすることができる。

7、多種類の表面処理の可能性が提供できる。

顧客の需要によって3Dプリントの後処理をする可能である。一般的には、バレル研磨、着色、 バフ研磨などを行うことで、3Dプリントモデリングの表面が滑らかになさせ、ある種の美感が生じるようにする。

画像引用元:https://www.sohu.com/a/288882464_120086898

資料引用元:https://baijiahao.baidu.com/s?id=1647516228659735103&wfr=spider&for=pc&isFailFlag=1

筆者:陸観鳳

2019年12月7日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com