加工

金属粉末焼結

金属粉末焼結とは、赤外線レーザーを使用してさまざまな金属粉末を瞬時に加熱して溶融状態にする技術である。この技術は最初、一種のラピッドプロトタイピング(RP)技術として開発および研究されましたが、技術の成熟と応用に従い、金属粉末焼結装置は新世代の低炭素高速製造装置として使用できることがわかった。さまざまな業界がこの技術を新世代の製造装置として使用している。

比較的に成熟した粉末焼結技術では、多くの場合ではファイバーレーザーを使用している。成形チャンバーに窒素またはアルゴンを満たし、金属粉末を高温の酸化条件下に置く。具体的に言えば、レーザーの寿命を延ばすために、アレイレンズシステムの移動を利用し、レーザースポットを指定された位置に動かし焼結の目的に果たす。市場に出回っている成熟した代表的な製品は、ドイツのEOS DMLS M270およびM280がある。分野と言えば、航空宇宙、機械、金型、医療などの産業でも大量に応用されている。

例えば、航空宇宙業には、金属粉末焼結技術を使用すると、非常に複雑な内部構造を生成して、軽量化と効率の向上を実現できる。チタン合金などの複雑な部品の処理に関して、焼結方法の効率とコスパは伝統的な鋳造よりもはるかに優れている。ちなみに、ヨーロッパおよび米国の民間軍事システムにはよく使われている。

画像引用元:https://image.baidu.com/search/detail? ct=503316480&z=0&ipn=d&word=%E7%B2%89%E6%9C%AB%E7%83%A7%E7%BB%93%E6%8A%80%E6% 9C%AF&step_word=&hs=0&pn=3&spn=0&di=71500&pi=0&rn=1&tn=baiduimagedetail&is=0%2C0&istype= 0&ie=utf-8&oe=utf- 8&in=&cl=2&lm=-1&st=undefined&cs=3551460656%2C1074247542&os=2475623926%2C852554476&simid =3348843171%2C493492295&adpicid=0&lpn=0&ln=827&fr=&fmq=1575612177514_R&fm=&ic=undefined&s =undefined&hd=undefined&latest=undefined&copyright=undefined&se=&sme=&tab=0&width=undefined&h eight=undefined&face=undefined&ist=&jit=&cg=&bdtype=0&oriquery=&objurl=http%3A%2F%2Fwww.pmbi z.com.cn%2Fuserweb%2Fgaomidu%2Fimages%2Fgongyi.jpg&fromurl=ippr_z2C%24qAzdH3FAzdH3Fooo_z %26e3Br4ktz_z%26e3Bv54_z%26e3BvgAzdH3F7fj6ojkAzdH3F2w54t17AzdH3F&gsm=&rpstart=0&rpnum=0 &islist=&querylist=&force=undefined

資料引用元:https://baike.baidu.com/item/%E9%87%91%E5%B1%9E%E7%B2%89%E6%9C%AB%E7%83%A7%E7%BB%93/2573779?fr=aladdin

筆者:周文薏

2019年12月6日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com