テスト

機械製造の現状

機械製造とは、各種類の動力機械、重積輸送機械、化学機械、紡織機械、工作機械、工具、計器及び他の機械設備などの生産に従事する工業部門である。機械製造業は国民経済に技術装備を提供し、その発展レベルも次第に国家工業化の程度を測定する重要な基準となる。


画像引用元:http://baijiahao.baidu.com/s?id=1603140820877400316&wfr=spider&for=pc

では、中国の機械製造技術の現状はどうなっているであろうか。

中国の機械製造企業の情報化建設が始まっており、一定の効果を示しているが、その応用規模、範囲、深さは先進国に比べてまだ大きな差がある。中国の機械企業が産業と製品の調整とモデルチェンジをできるだけ早く実現するために、企業の競争力を高め、企業情報化の実施に力を入れなければならない。こうすれば、激しい市場競争の中で生き残すことができる。

機械業界情報化の現状について

中国機械工業連合会は、166の機械製造企業に対してアンケート調査をした結果、中国の機械製造業の特徴及び国外の機械企業情報化発展状況を基づき、中国の機械製造企業の情報化建設の現状とある問題を下記のように分析した。CAD応用は基本的に普及しており、70%の重要な基幹企業がCAD技術を応用している。しかし、CADの応用の深さはまだ大きく制限されている。一部の企業は図面の制作にとどまり、三次元CAD、CAD/CAM、シミュレーション設計などの応用はまだ少ないのだ。調査された166企業の中で構造最適化の計算を行ったのは16%だけで、シミュレーション設計を行ったのは6%だけだった。

一方で、管理の情報化はある程度の進展を遂げ、業界内の多くの企業は単一の業務において既にコンピュータ管理を実現した。例えば、オフィス、財務、人事係、在庫などはそれぞれのコンピュータ管理情報システムを確立した。

資料引用元:

https://baike.baidu.com/item/%E6%9C%BA%E6%A2%B0%E5%88%B6%E9%80%A0/3590?fr=aladdin#8

http://baijiahao.baidu.com/s?id=1603140820877400316&wfr=spider&for=pc

筆者:钟珮瑜

2019年12月5日

深センコネファクトリー:https://szcfactory.com